TOYONO MODERNO

ジャパニーズ・ブラジリアンミュージックのミューズ TOYONO。6年振りのオリジナルアルバムでビクターエンタテインメントよりメジャーデビュー。「黒髪のサンバ」 2016.9.21リリース。2018.10.7よりラジオ番組「TOYONO moda brasil」スタート!

New! from TOYONO

2020 / 06 / 01  20:56

【TOYONOライブ情報】 配信ライブ/2020.6.24.(水)TOYONO+越田太郎丸+柏木広樹「トリオ・カラフル」

チェロとギターが彩るあたたかなアコースティックサウンドに包まれて。

心地よい音楽をお届けするトリオ・カラフルの配信ライブが決定しました。

配信ライブならでは!配信後の一週間お楽しみ頂けるようです。

 

 

 

●6/24(水) 20:00~(6/30(火)23:59までご覧いただけます)

『トリオカラフル配信ライブ』

出演: 

TOYONOvocal 

越田太郎丸guitar 

柏木広樹cello

 

 

【配信URL】

https://www.youtube.com/watch?v=CKLRhrvkyEY

※スタート時間に視聴可能となります。

※無観客生配信となりますので、会場へのご入場はできません。

 

【料金】

投げ銭制となります。

2000円/3000円/4000円/5000円からお選び下さい。

Yahooアカウントをご用意ください。

<Pass Market>

https://passmarket.yahoo.co.jp/event/show/detail/014q24110gv3b.html

【場所】

本八幡・Route Fourteen

047-325-3086

m_2_HwpTjRGDHZIvxF0HgVvB6g.jpg

 

2020 / 05 / 08  14:32

【TOYONO moda brasil】マリオ・アヂネー インタビュー

ラジオ番組「TOYONO moda brasil 」からのお知らせです。
アントニオ・カルロス・ジョビンをも魅了したMario Adnetマリオ・アヂネー。
ブラジリダーヂ溢れる類稀なる洗練されたセンスで産み出される彼の世界。


今回はリオのマリオにスペシャルインタビューをお願いしました。
彼の1994年のアルバム「Pedra Bonitaペドラ・ボニータ」と共にお届けします。

巨匠ジョビンがマリオのアレンジを採用したドリヴァル・カイミの「Maracangalhaマラカンガーリャ」についての知られざるヒストリー、

そして「ペドラ・ボニータ」とは何か、次作品についてなど、マリオの声とともにお送りします。

 

 

 

 

 

今週末2020.5.10.(日)午後1時より「TOYONO moda brasil」第84回目放送です。

「今週のTOYONO」は日本語歌詞の楽曲「トレス・マリアス・ドイス」。この曲についてのスペシャルページ「トレス・マリアス・ストーリー」も是非ご覧ください。後半は「Pedra Bonitaペドラ・ボニータ/Mario Adnetマリオ・アヂネー 」(1994)を特集します。リオのマリオへのインタビュー、そしてとても素敵なジングルもマリオから届きましたので是非お楽しみに。日曜日の午後のひととき、素敵な時間をお過ごしください。

 

【第84回目放送番組予告】

◉TOYONO

■スペシャルページ「トレス・マリアス・ストーリー」

http://toyonomoderno.jp/free/tres-marias

 

 

■「três-marias dois トレス・マリアス・ドイス」

(詞:TOYONO/曲:竹中俊二/arrangement:光田健一)

 

2020年3月4月JAL国際線機内放送に選ばれた同曲の日本語歌詞ヴァージョン。

このアルバムにいずれもTOYONOの作詞による「ポルトガル語歌詞」「日本語歌詞(今アルバム書き下ろし)」収録。

 

アルバム「黒髪のサンバ/ TOYONO」(2016)より

 

vocal & chorus : TOYONO

piano & chorus : 光田健一

guitar : 竹中俊二

bass : 岡雄三

drums : 宮川剛

violin : クラッシャー木村  

cello : 柏木広樹

 

 

「『três-marias』とは『三人のマリア』という意味で、オリオン座の三ツ星のことをブラジルではこう呼びます。日本では 冬の星座オリオン座ですが、ブラジルでは夏の星座。北の夜空はtrês-marias、南の夜空は南十字星cruzeiroがシ ンボルとなります。地球上の様々な出来事の中でも、遠く離れた彼女達まで届くものは、きっと本物の輝きだけに違 いない。満天の星空の下、彼女達に見守られていると思うと、勇気が湧いてきませんか? 」

 

 

 

 

 

◉o som do vinil

マリオ・アヂネー スペシャルインタビュー

「Pedra Bonitaペドラ・ボニータ/Mario Adnetマリオ・アヂネー 」(1994)

 

マリオ・アヂネー

作曲家の父、音楽家の母の音楽一家に生まれ、叔母はピアニストのカルメン・アヂネー、その夫はオーストリア人ピアニストハンス・グラグ、娘はギタリスト&ヴォーカリストのアントニア・アヂネー、米国で活躍する歌手マウーシャ・アヂネーなど兄弟も音楽家として多く活動する。2016年「Jobim Jazz (Ao Vivo)」がラテングラミー優秀ラテンジャズアルバム賞ノミネートされる。最新作は「Saudade Maravilhosaサウダーヂ・マラヴィリョーザ」(2017)。

 

(レーベルサイトより)

http://p-vine.jp/artists/mario-adnet

1957年生まれのカリオカ、マリオ・アヂネー。1980年にトニーニョ・オルタやダニロ・カイミが参加した初アルバムをリリースして以来、リオで最高のボサノヴァ・ミュージシャンとして王道を歩んで来た真のボサノヴァ・アーティスト。その優雅で独特のスタイルはボッサ・カリオカ、アントニオ・カルロス・ジョビンのハートを掴み、長くジョビン・グループのギタリスト / アレンジャーとして活躍。また日本では小野リサのプロデュースやコンサートで度々来日し、マリオの持つポップ感と洗練されたアレンジは多くの日本のファンを魅了した。ジョビンの死後はジョビンの遺した偉大なスタンダードの数々を、ジョイスやモアシール・サントスら人気ブラジリアン・ミュージシャンやランディ・ブレッカーらアメリカのジャズメン達とアルバムを制作、真に良質なボサノヴァを発信するアーティストとして幅広い世代から愛される。

 

■「Desafinadaデサフィナーダ」(Claudio Nucci/Mario Adnet)

 

■「Do Dia Pra Noite朝から夜へ」(Bernardo Vilhena, Mario Adnet)

 

■「Quaseもう少しで」(Carlos Sandroni/Mario Adnet)

スペシャルゲスト:クラウヂオ・ヌッシ

 

■「Maracangalhaマラカンガーリャ」(Dorival Caymmi)

 

■「Angraアングラ」(Carlos Sandroni/Mario Adnet/Rodrigo Campello)

スペシャルゲスト:小野リサ

 

■「Pedra Bonitaペドラ・ボニータ」(Mario Adnet)

 

 

以上、「Pedra Bonita/Mario Adnet 」(1994)より

 

 

 

■「Saudade fez um sambaサウダーヂがサンバを作った/Espíritoエスピリト」 (Carlos Lyra, Ronaldo Bôscoli)

    アルバム「Pray for Brazill/赤塚聡明」(1999)より

 

——————————————————————————————————————————————————
“TOYONO moda brasil”
(トヨノ・モーダ・ブラジル)
調布エフエム
83.8MHz 
http://www.chofu-fm.com
◼︎2018年10月7日(日)より放送開始
◼︎毎週日曜日午後 13:00~13:30
◼︎アプリで世界中で視聴できます。
Listen Radio(リスラジ)
http://listenradio.jp
ボサノヴァが生まれて60年、セルジオ・メンデス&ブラジル66から52年、そして一昨年のリオ五輪から再びブラジル音楽に熱い風が吹きはじめました。
毎週日曜日の午後に日本を代表するブラジル音楽ヴォーカリストTOYONOが古き良き時代から現代までのブラジル音楽(ボサノヴァ、サンバなど)の名盤やアーティストを最新のブラジル情報とともに紹介します。

TOYONO
大阪出身。ジョイス・モレーノに憧れてブラジル音楽シンガーを目指し単身ブラジルに渡る。ポルトガル語を習得しながら世界的パーカッショニスト、マルコス・スザーノに師事。帰国後、 天性の魅力をもつ歌声を見出したオノセイゲンプロデュースにより伊藤ゴロー(g)と結成した”Espíritoエスピリト"で TOWER RECORDSが選ぶ名盤100選に選ばれる。 その後ソロデビュー、これまでに6枚のアルバムをリリース。定評のある作曲能力に加え、ポルトガル語と日本語で作詞する世界でも類をみないシンガーソングライターである。
2018年よりラジオ番組「TOYONO moda brasil」をスタートさせ、ブラジル音楽への深い造詣を生かして数々のブラジル著名アーティストに通訳なしでインタビューを展開し、日本とブラジルの絆を深める一役を担う。また執筆もこなすなど、新しいブラジル音楽シンガー像を確立させている。最新作は「黒髪のサンバ」(2016年ビクターエンタテインメント)。
——————————————————————————————————————————————————
TOYONO moda Brasil
Com TOYONO
Domingo,13:00h às 13:30
ChofuFM 83.8MHz Tokyo,Japão
http://www.chofu-fm.com
Aplicativos da rádio:
Listen Radio
http://listenradio.jp
——————————————————————————————————————————————————

 

 IMG_8695.jpg

 

IMG_8679.jpg

2020 / 04 / 16  20:23

【TOYONO moda brasil】ルシアナ・ソウザ インタビュー

ラジオ番組「TOYONO moda brasil 」からのお知らせです。

昨年夏のインタビューがきっかけで交流が始まったルシアナ・ソウザ。
今週末は米国在住のルシアナ・ソウザのスペシャルインタビューを
彼女の最高に素晴らしいニューアルバムを交えてお届けします。

 

今週末の番組放送は、私の自宅での収録です。



4月エンディングテーマは、現在JAL国際線機内放送オンエアー中の

TOYONO「três-marias (acústico)トレス・マリアス・アクースチコ」を
番組でもお届けします。
http://toyonomoderno.jp/free/tres-marias
-------------------------------------------------------------------------
今週末2020.4.19.(日)午後1時より「TOYONO moda brasil」第81回目放送です。
「今週のTOYONO」はマイケル・ジャクソンをカヴァーした「Rock with you」。
後半は3月リリース「Storytellers/ルシアナ・ソウザ」。ジョニ・ミッチェル、ビョーク、

ラウル・ミドンなどとの共演でも有名なアメリカ人作編曲家ヴィンス・メンドーザと
ドイツWDRビッグバンドとルシアナがコラボレーションした最高に素晴らしいアルバムです。
昨年の番組インタビューがきっかけで始まったTOYONOとの交流で、米国在住のルシアナから番組へ、
アルバムについてのメッセージも届きましたのでそちらも交えてお送りします。
日曜日の午後のひととき、素敵な時間をお過ごしください。

【第81回目放送番組予告】

◉TOYONO
■「rock with youロック・ウィズ・ユー」 (Rod Temperton)
TOYONO vocal&cho
竹中俊二guitar&cho 渡辺剛piano 岡雄三bass&cho 宮川剛drums
マルコス・スザーノpercussion
クラッシャー木村violin 柏木広樹cello

アルバム「黒髪のサンバ / TOYONO」(2016)より。

TOYONOメジャーデビューアルバム収録。
TOYONOバンド「ペリカーノ・ヘヴン」にマルコス・スザーノを迎えてのスタジオ録音。
「黒髪のサンバ」試聴
http://toyonomoderno.jp/free/kurokami
「黒髪のサンバ」Spotify
https://open.spotify.com/album/2ayOmAaAdDCy0nWF139gno…



◉o som do vinil
ルシアナ・ソウザ スペシャルインタビュー
「Storytellers / Luciana Souza 」(2020)

ブラジル生まれ、米国で活躍する歌姫ルシアーナ・ソウザ
ヴィンス・メンドーザ率いるWDRビッグバンドとの共演
ブラジル音楽の名曲と共に現代の社会問題への思いも形にした注目作
https://www.kinginternational.co.jp/genre/ssc-1575/


世界の音楽情報誌「月刊ラティーナ」2019年08月号にて
TOYONOが「ルシアナ・ソウザ」インタビュー記事を執筆。
http://latina.co.jp/index.php…
――――――――――――――――――――――――――――――――
「Luciana Souza ルシアナ・ソウザ」
ボサノヴァ黎明期に貢献した偉大な父の DNA を持ち、米国キャリア20年を迎える
ブラジリアン・ジャズの出会いを支えてきたパイオニア。
アルバム『The Book of Longing』を携え、
シコ・ピニエイロ、スコット・コリーと共に来日 【文:TOYONO】
――――――――――――――――――――――――――――――――

■「Varandaヴァランダ」(Chico Pinheiro & Tiago Costa)
■「Matita Perêマチータ・ペレ」(Antonio Carlos Jobim/Paulo Cesar Pinheiro)
■「Mar de Copacabanaコパカバーナの海」(Gilberto Gil)
■ 「Choro#3 ショーロNo.3」 (Vince Mendoza )
唯一この曲のみ、この映像のライブレコーディングが収録されている。
https://www.youtube.com/watch?v=Jff9N1TbOBs
■「Baião a Tempo バイアォン・ア・テンポ」(Luciana Souza )
■「Beatrizベアトリス」(Edu Lobo & Chico Buarque)

以上、アルバム「Storytellers / Luciana Souza」(2020)より

■「Saudade fez um sambaサウダーヂがサンバを作った/Espíritoエスピリト」
 アルバム「Pray for Brazill/赤塚聡明」(1999)より

■「três-marias (acústico)トレス・マリアス(アクースチコ)/TOYONO」
アルバム「黒髪のサンバ/TOYONO」(2016)より


◉ブラジルインフォメーション

■【JAL国際線機内放送】
「2020年3月4月JAL国際線機内放送(jazzチャンネル)でTOYONOが聴けます。」

2020年3月4月JAL国際線機内放送(jazzチャンネル)で
アルバム「黒髪のサンバ/TOYONO」(2016)より

「três-marias (acústico)トレス・マリアス・アクースチコ/TOYONO」

がピックアップされています。
是非空の上でもTOYONOの歌声をお聴きください。
https://www.jal.co.jp/…/en…/jal_mooove/book/2003/html5.html…

 http://toyonomoderno.jp/free/tres-marias

——————————————————————————————————————————————————
“TOYONO moda brasil”
(トヨノ・モーダ・ブラジル)
調布エフエム
83.8MHz 
http://www.chofu-fm.com
◼︎2018年10月7日(日)より放送開始
◼︎毎週日曜日午後 13:00~13:30
◼︎アプリで世界中で視聴できます。
Listen Radio(リスラジ)
http://listenradio.jp
ボサノヴァが生まれて60年、セルジオ・メンデス&ブラジル66から52年、そして一昨年のリオ五輪から再びブラジル音楽に熱い風が吹きはじめました。
毎週日曜日の午後に日本を代表するブラジル音楽ヴォーカリストTOYONOが古き良き時代から現代までのブラジル音楽(ボサノヴァ、サンバなど)の名盤やアーティストを最新のブラジル情報とともに紹介します。

TOYONO
大阪出身。ジョイス・モレーノに憧れてブラジル音楽シンガーを目指し単身ブラジルに渡る。ポルトガル語を習得しながら世界的パーカッショニスト、マルコス・スザーノに師事。帰国後、 天性の魅力をもつ歌声を見出したオノセイゲンプロデュースにより伊藤ゴロー(g)と結成した”Espíritoエスピリト"で TOWER RECORDSが選ぶ名盤100選に選ばれる。 その後ソロデビュー、これまでに6枚のアルバムをリリース。定評のある作曲能力に加え、ポルトガル語と日本語で作詞する世界でも類をみないシンガーソングライターである。
2018年よりラジオ番組「TOYONO moda brasil」をスタートさせ、ブラジル音楽への深い造詣を生かして数々のブラジル著名アーティストに通訳なしでインタビューを展開し、日本とブラジルの絆を深める一役を担う。また執筆もこなすなど、新しいブラジル音楽シンガー像を確立させている。最新作は「黒髪のサンバ」(2016年ビクターエンタテインメント)。
——————————————————————————————————————————————————
TOYONO moda Brasil
Com TOYONO
Domingo,13:00h às 13:30
ChofuFM 83.8MHz Tokyo,Japão
http://www.chofu-fm.com
Aplicativos da rádio:
Listen Radio
http://listenradio.jp
——————————————————————————————————————————————————
Luciana Souza Storytellersジャケ写.jpg

Luciana Souza Storytellers ロゴ.jpg

2020 / 03 / 22  20:35

2020年3月4月JAL国際線機内放送(jazzチャンネル)にTOYONOの楽曲がセレクトされました。

202034JAL国際線機内放送(jazzチャンネル)

アルバム「黒髪のサンバ/TOYONO(2016)より

 

três-marias (acústico)トレス・マリアス・アクースチコ

 

がセレクトされています。
是非空の上でもお聴きください。

こちらのスペシャルページがオープンしました。
私からみなさんへのコメントや、楽曲、歌詞もご覧になれます。
http://toyonomoderno.jp/free/tres-marias

 

表紙JAL 国際線3月.jpegJazzJAL国際線3月.jpeg

 

2020 / 02 / 18  17:41

【延期】ライブ!4/4(土)斎藤タカヤpresents”Brazilian Jazz Cruise”

(追記.2020年3月30日)

みなさま

ドイツワインバーゆううん赤坂」より延期のご連絡です。
大変残念ですが、延期の日程が決まり次第お知らせさせて頂きます。
一日も早く落ち着きますことを心より祈っております。
みなさま、どうぞご自愛ください。

TOYONO



<ライブイベント開催延期のお知らせ>

安倍総理の会見で発表された内容と現在の東京の状態を鑑み、

4月4日に開催予定しておりました『斎藤タカヤ presents "Brazilian Jazz Cruise"』を延期させて頂きます。
ご予約のしてくださった皆様、

この日のために準備をしてくださった斎藤 タカヤさん、TOYONOさん誠に申し訳ございません。

先週に引き続き、大変つらく苦しい決断となりましたが、お客様、アーティストの皆様、
大切な人たちの命を守る為、自粛要請を重く受け止め、
このような決断をさせて頂くことを何卒ご理解いただけますようお願いいたします。

この状況が落ち着きましたら必ず延期公演を開催したいと思いますので、
是非ご来店くださいますようお願い申し上げます。

また週末4日(土)、5日(日)は臨時休業とさせて頂きます。

平日は通常営業しておりますので今後ともどうぞよろしくお願い致します。

https://www.facebook.com/events/192977475106191/


---------------------------------------------


超!楽しみなライブが決定しました。
タカヤさんはサルサ界の名門「オルケスタ・デ・ラ・ルス」のピアニストとしてとても有名ですが、
実はブラジル音楽へのアプローチもグルーヴが深くてとても素敵なんです。
歌っていて「ここで!この瞬間!」と、音楽の世界が広がっていくのを実感できる素晴らしいアーティストです。
選りすぐりのドイツワインとともに、素敵な夜になりそうです。

「斎藤タカヤpresents “Brazilian Jazz Cruise"」
出演:斎藤タカヤkeyboards TOYONOvocal 
会場:ドイツワインバーゆううん赤坂
http://www.yu-un.com/bar.html
東京都港区赤坂4-2-2赤坂鳳月堂本店ビル5階
・赤坂見附駅10番出口(丸の内線・銀座線)徒歩2分
・赤坂駅 (千代田線)徒歩5分
・永田町駅 (半蔵門線・南北線・有楽町線)徒歩5分
オープン:17:30~22:00(L.O 21:00)
日時:2020年4月4日(土曜日)要予約
19:00Start 2ステージ入替なし
料金:3,000円/18歳以下 1,000円(アミューズ代込み)+Foods & Drinks order
(※料金が変更になりました。)


※ご来店のお時間は17時30分から18時15分の間で承っております。
[お問合せ・お申込み]
ドイツワインバーゆううん赤坂
TEL:03-6426-5978 FAX:03-6426-5974
e-mail:akasaka@yu-un.com

ピアニスト斎藤タカヤ(オルケスタ デ ラ ルス)が、凄腕ミュージシャンを招いて繰り広げる、jazzyなワールドミュージックの時間…
今回は、日本のブラジル音楽界におけるトップアーティストの一人、シンガーソングライターのTOYONOを迎えたduo。
ブラジル文化への深い造詣とポルトガル語を駆使した天性の歌声で、日本とブラジルの絆を深めているTOYONOと、
ラテンを極めつつもジャズ・ファンク・ソウル・ヒップホップなどとのミクスチャーを模索し続ける斎藤タカヤによる
スタイリッシュなduoが、グローバルミュージックとでも言うべきめくるめく音楽の旅へあなたをお連れします。
イベント紹介
http://www.yu-un.com/yuun-special.html#takaya20200404

title.jpg

2024.03.05 Tuesday