TOYONO MODERNO

ジャパニーズ・ブラジリアンミュージックのミューズ TOYONO。6年振りのオリジナルアルバムでビクターエンタテインメントよりメジャーデビュー。「黒髪のサンバ」 2016.9.21リリース。2018.10.7よりラジオ番組「TOYONO moda brasil」スタート!

New!

2020 / 07 / 29  23:05

【TOYONOライブ情報】 2020.8.7.(金)TOYONO+越田太郎丸+青柳誠+織原良次+石川智

豪華メンバーでの楽しみなライブが決まりました。

「NANIWA EXPRESS」ほか、各方面で大活躍の青柳誠さんと初共演です。

 

———————————————

■SWING BRASILスペシャル■

出演:TOYONOvocal 越田太郎丸guitar 青柳誠piano 織原良次bass 石川智drums

日時:2020年8月7日(金) 

open18:00 1st.19:00~/2nd.20:30~

会場:銀座スウィング

http://ginzaswing.jp/

料金:¥4,500+オーダー

SWING会員¥2,800、会員のお連れ様¥3,300

 

2020 / 07 / 28  17:24

muito obrigada!2020.7.25.斎藤タカヤ+TOYONO@ゆううん赤坂

4月に予定されていたライブが、この日開催されました。

様々な事が全く予測がつかない中お越し頂いたみなさん、本当に有難うございました!!!!!

そして4月にお越し頂く予定で、今回はお越しにならなかったみなさんも

気にかけて下さって有難うございます。応援のメッセージを有難うございました。

 

美味しいお料理、お酒、そしてスタッフのみなさん、その中に流れる心地よい空気。。。

ここのお店「ゆううん」が人気なのも納得でした。

ライブ中、私の腕の辺りが鳥肌というか、なんというか、

「細胞が喜んでいるー♡」というポエムなセリフがするすると出てきてしまう、という、笑。

自分がまさかそんな言葉を発声するとは夢にも思いませんでしたが

 

タカヤさんとアンサンブルをして、みなさんの拍手を頂いて

その拍手の美しさに出てしまった偽りのない言葉でした。

 

今まで当たり前にしていた「ライブ演奏」。

この素晴らしさを改めて実感出来た、この日、でした。

 

カエターノ・ヴェローゾの歌詞に、こういうものがあります。

 

Por isso uma força me leva a cantar

Por isso essa força estranha no ar

Por isso é que eu canto, não posso parar

Por isso essa voz tamanha

 

だからこそ、何かの力が私に歌わせる。

この大気に存在する見えない不思議な力が

だからこそ、私は歌う、止めることなんて出来ない

だからこそ、こんな声の大きさで

 

 

この曲の前半にはこういった部分もあります。

 

A vida amiga da arte

a parte que o sol me ensinou.

 

人生と芸術は共に歩む友達だ、とも

太陽は教えてくれた

 

 

カエターノは、太陽→植物→光合成→空気→人間、という連鎖を他の曲でも用いていますが

「空気の流れ」の中に存在する「音」そして「音楽」を、

とても大きな視野で「太陽の恵」と思うのですね。


 

ゆううんのスタッフのみなさま、本当に有難うございました。


また、翌日ライブにもかかわらず奈奈カンタリーナさんにもお越し頂きました。

前々から素敵な歌い手の方だなと思っていたのでお目にかかれてとっても嬉しかったです。

 

そして、今回のライブをプロデュースして頂いたタカヤさん、相変わらず最高で、素晴らしかった。

ご自分でも歌を歌われるタカヤさんのピアノは、歌を歌う時に響いて欲しい所に音やリズムがあるんです。

今回はタカヤさんのリクエストで、イヴァン・リンスの「Acaso」を初披露しました。

また次回のタカヤさんとの共演も、とっても楽しみです。

 

■2020年7月25日@ゆううん赤坂

出演:斎藤タカヤ keyboards TOYONO vocal

 

<セットリスト>

1-1 aquelas coisas todas(Toninho Horta) 

1-2 one note sambaワンノートサンバ(Tom Jobim/Newton Mendonça) 

1-3 berimbauビリンバウ(Vínicius de Moraes/Baden Powell)  

1-4 Rock with you ロック・ウィズ・ユー(Rod Temperton)

 

 

2-1 acaso アカーゾ(Ivan Lins/Abel Silva) 

2-2 manhã de carnaval 黒いオルフェ(Antônia Maria/Luis Bonfá)

2-3 madalenaマダレナ(Vitor Martins/Ivan Lins) 

2-4 Spainスペイン(C. Corea/Joaquin Rodrigo/Al Jarreau/Yana Purim)

 

E mas que nada マシュ・ケ・ナダ(Jorge bem jor)

IMG_0620 2.JPG

IMG_9066.jpg

IMG_9059.jpg

 

IMG_9062.jpg

 

IMG_9064.jpg

 

IMG_9063.jpg

 

IMG_9065.JPG

 

 

 

2020 / 07 / 08  17:03

muito obrigada!配信ライブ/2020.6.24.TOYONO+越田太郎丸+柏木広樹「トリオ・カラフル」

レポートが遅くなりすいませんっ!

「moda brasil」の選曲や下調べに熱中しすぎてました。。。

 

先日行われたトリオ・カラフル配信ワンマンライブ、

たくさんの方にご視聴頂き有難うございました!!!!!

柏木さんと私は初の配信ライブ、太郎丸さんは既に6回目の配信ライブ!という事で

太郎丸さんに頼り切ってのライブとなりました。

 

このユニットでは恐らく始まって以来、かなりの時間をかけてサウンドチェックをしてからライブはスタート。

みなさんにお越しいただく時とは違った緊張感の私達に

チャットで拍手や声援を頂きとても嬉しく励みになりました。

その中に「光田健一さん」のお名前もあり!

ミュージシャン同士もなかなか会えない中の健ちゃんのコメント、心がより暖かくなりました。

健ちゃん、有難うございます!!!!!

 

Route Fourteenのスタッフのみなさんの気合いにも、とても感動しました。

私はあの配信のとおりライブ中に知ったのですが、カメラ7台とは!!!!!

帰宅してから(反省しながら。)アーカイブ配信を見ましたが、

カメラワークもとてもよく撮影して頂き有難うございました。

 

太郎丸さん、柏木さん、お疲れ様でした。
お二人の美しい音色とのアンサンブルの素晴らしさ、改めてひしひしと実感しました。
トークも盛り上がりましたね。

またトリオ・カラフルでのライブ、そして配信ライブもあるといいナ。

今回の選曲は太郎丸さん。

いつもながらセンス抜群です。

 

 

■2000年6月24日@本八幡Route Fourteen

『トリオ・カラフル配信ワンマンライブ』

出演:

「トリオ・カラフル」

TOYONOvocal 

越田太郎丸guitar

柏木広樹cello

 

 

<セットリスト>

1 「Litoral リトラウ」(TOYONO)

2 「Diz que fui por aíその辺に居たと言っておいて」(Hortêncio Rocha/Zé Keti)

3 「o côco do côco ウ・コーコ・ド・コーコ」(Aldir Blank/Guinga)

4「 manhã de carnaval 黒いオルフェ」(Antônia Maria/Luis Bonfá)

5 「Perfume de cebola タマネギの香り」(Cacaso/Filó Machado)

6 「conversa de botequim ボチキンでの会話」(Noel Rosa/Vadico) 

7 「o bebado e a equilibrista 酔っ払いと綱渡り芸人」(João Bosco/Aldir Branc)

8 「canção da falsa tartaruga-opa ニセ海ガメの歌」(Augusto de Campos/Cid Campos) 

9 「cravo e canela シナモン&クローブ」(Ronaldo Bastos/Milton Nascimento)

10 「mundo melhor 素晴らしき世界」(Vinícius de Moraes/Pixinguinha)

 

 

Ec 「Canto De Desalentoカント・ヂ・デサレント失望の唄」 (Toninho Horta / Rubens Téo) 

 


EbSM_p_X0AArh0F.jpg

2020 / 07 / 08  16:37

【TOYONOライブ情報】 2020.7.25.(土)斎藤タカヤ+TOYONO

延期となっていたライブの開催です。
そして素晴らしい方々が出演する「ゆううん」さんに私も初出演します。

どんな曲も演奏するたびに毎回新鮮にヴァージョンアップするタカヤさんとのデュオ、
私もとても楽しみです。
タカヤさんからのリクエスト曲も初披露予定です。

106004997_3017374031686130_2115990315657345629_o.jpg
———————————————
「斎藤タカヤpresents “Brazilian Jazz Cruise"」
出演:斎藤タカヤkeyboards TOYONOvocal 

日時:2020年7月25日(土) ※要予約
open17:30~22:00(L.O21:00)
start19:00 2ステージ入替えなし
会場:ドイツワインバーゆううん赤坂
東京都港区赤坂4丁目2-2赤坂鳳月堂本店ビル5階
料金:3,000円(アミューズ代込み)+Foods & Drinks order

[お問合せ・ご予約]
ドイツワインバーゆううん赤坂
TEL:03-6426-5978 e-mail:akasaka@yu-un.com

※アルコール消毒による衛生面、換気を徹底し、「密」にならないようにお客様同士の間隔を開けてご着席頂くよう入店人数を制限して運営致します。またコロナの影響によりやむを得ず配信のみのイベントとなるなど変更する場合がございますのであらかじめご了承ください。
※スムーズな接客対応のため、18時30分までにご来店のご協力をお願いいたします。(開演直前でのご来店は演奏開始時間に遅れが生じてしまう場合がございます。)
※演奏中のご歓談は他のお客様へのご配慮をお願いいたします。
▼イベントページhttp://www.yu-un.com/yuun-special.html

■ Takaya Saito Produce - Yuun Special Night■
<斎藤タカヤpresents “Brazilian Jazz Cruise”> 
ピアニスト斎藤タカヤ(オルケスタ デ ラ ルス)が、凄腕ミュージシャンを招いて繰り広げる、jazzyなワールドミュージックの時間… 今回は、日本のブラジル音楽界におけるトップアーティストの一人、シンガーソングライターのTOYONOを迎えたduo。ブラジル文化への深い造詣とポルトガル語を駆使した天性の歌声で、日本とブラジルの絆を深めているTOYONOと、ラテンを極めつつもジャズ・ファンク・ソウル・ヒップホップなどとのミクスチャーを模索し続ける斎藤タカヤによるスタイリッシュなduoが、グローバルミュージックとでも言うべきめくるめく音楽の旅へあなたをお連れします。


1
2020.10.27 Tuesday